転入届・転出届の手続き方法 引越し前後にすべきこと

転入届・転出届の正しい手続き方法

 

 

 

 

引越しして新生活を始める前後には、やっておかなくてはいけない「事務手続き」がいくつかあります。

 

役所で手続きする

 

「転出届」 「転入届」

 

はその代表的なものですね。

 

 

それぞれに

 

“いつまでに済ませなくちゃいけない?”

 

“必要な書類は?どうやって書くの?”

 

など、疑問・不安に思うこともあると思います。

 

 

このサイトでは手続きの方法を一つずつ解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


 

安い引越し業者が見つかる!

引越し業者の一括見積り

 

 

転出届・転入届について

 

 

引越しにまつわる各種手続き

 

 

 

転入届を提出しなかった場合はどうなる?

住民票の移動(転入届・転居届)の手続きが遅れた場合には「住民基本台帳法違反」となり、最大5万円を過料として支払う罰則を受ける可能性があります。

 

住民票の移動手続きは、住居の移動があってから14日以内に行うように法律で定められています。

 

この14日以内に手続きを済ませることが一番いいのですが、期間を少し過ぎてから手続きしたからといって即罰金、といったケースはほとんどないようです。

 

過料が科された過去の事例としては

  • 数年間、住民票の移動手続きを怠っていた
  • 住んでいない地方自治体の選挙に立候補するため
  •         〃      で投票するため
  • 住民税の安い地方に住んでいることにするため

このような極端な例、悪質なケースにおいては罰則が適応されることがあります。

 

 

ネットで手続きできないの?

自宅のパソコンやスマートフォンで移動手続きができれば便利なのですが、現状は不可になっています。

 

「届出は書面で行わなければならない」と住民基本台帳法(第27条)で規定されているのです。

 

引越しの際には、他にもさまざまな書類手続きが必要になりますから、同時進行で行うようにすると手間が少なくなっていいですね。

 

 

 

引越し料金、見積りが1、2社だけだと50%以上損することも・・・

 

ネット一括見積もりなら最大10社に同時見積り!比較も簡単です。

   

↓   ↓   ↓