引越し準備の悩みを一掃!段取り重視のリストアップ術

引越し準備の悩みを一掃!段取り重視のリストアップ術

 

引越しが決まってから新居に落ち着くまでは、片付けなくてはいけないことも目白押しで気持ちも焦るものです。

 

ただし、すべきことをリストアップして無理のないスケジュールを立てておけば、準備も段取りよく進めることができます

 

まずは引越しでは「どんなことを」「いつまでに」やっていくべきなのかを理解しておきましょう。

 

 

引越しの1ヶ月前には済ませたいこと

 

引越しの日取りを決める

全ての始まりはここからですね。

 

各種手続き・仕事やプライベートでの関係者への連絡・引越し業者の手配など、日取りが決定することでスムーズに行うことができるようになります。

 

不動産屋・貸主への退去の連絡

引越しの日取りが決まったら、今住んでいる住居の管理者に早めの連絡を入れるようにしましょう。

 

賃貸住宅の場合、退去の何日前までに連絡すべきかが契約書に記載されているケースもありますから、確認しておかなくてはいけません。

 

家賃の精算をして余分な家賃を払うことにならないようにしてください。

 

新居の広さ・間取りの確認

実際の新居の間取り図を入手して家具や家電品の配置、荷物の置き場を確認できればベストです。

 

そうすると新居には持っていかず処分するもの、新しく買い足すものなどが判断しやすくなります。

 

引越業者の手配

退去日と新居への入居日が決まり、移動させる家具・荷物が定まったら、次にすべきなのは引越業者選びと打ち合わせです。

 

3月、4月の引越しシーズンは希望の日程で予定が取りにくくなることもありますから、早めの予約がおすすめです。

 

運んでもらう荷物の量や移動距離によってあるていどの料金の相場があります。

 

ただし引越業者も商売ですから、言い方は悪いですが「取れるところからは取ろうとする」わけです。

 

1社からだけ見積もりを取ると、その料金が高いのか安いのかの判断もできませんから、こちらのような「一括見積もり」サイトを利用してみるのがおすすめです。
↓  ↓  ↓

 

見積もりは無料でできる上に実際に比較してみると、数万円の値段の差が出ることも珍しくありません。

 

不用品の処分

引越するときには不用品やゴミなどの処分すべきものが、思いのほかたくさん出てくるものです。

 

引越直前に焦ることにならないよう、ゴミ出し日の確認や不用品の収集業者への依頼などは早めに済ませておくようにしましょう。

 

大きな家電品(冷蔵庫・テレビ・エアコンなど)を処分するには「リサイクル料金」を支払って販売業者や家電リサイクル受付センターに申し込む必要があります。

 

このときには引き取りまでに数週間かかるケースもありますから注意が必要です。

 

 

引越しの2週間前には済ませたいこと

 

転出届けの提出

引越しの前後で役所への転出・転入の届出が必要になります。

 

具体的な手続き方法についてはこちらの記事が参考になるでしょう。

 

転出届の提出期限とそのときに必要なものとは?

 

子供の学校への連絡

子供の転校に当たっては書類上の手続きが必要です。

 

まずは今通っている学校に転校の旨を連絡するようにしましょう。

 

それから「新退学届け」を学校に提出すると「在学証明書」などの書類を受け取ることになります。

 

その書類を引越し先の役所に提出して就学通知書を受け取る、という流れになります。

 

児童手当の引越し時の申請手続き

 

 

引越しの1週間前には済ませたいこと

 

 電気・ガス・水道の停止の連絡

 

転居の1週間前までには済ませておきましょう

 

 

引越しの直前までに済ませること

 

郵便物の転送の依頼

旧住所に届いた郵便物は、転居後の1年間は新住所への転送が依頼できます。

 

郵便局の窓口で受け付けてくれますし、今はインターネットを使っての依頼も可能になっています。

 

郵便物の転送依頼の方法

 

NTT・インターネットプロバイダーへの連絡

引越しを機に光回線を利用した「光IP電話」に切り替える人も多いようです。

 

利用料金が抑えられるケースも多いので検討する価値はあるでしょう。

 

新聞の配達停止、営業所の変更依頼

以外に忘れがちなのが新聞の停止依頼です。

 

引き続き同じ新聞を購読する場合は、営業所の変更を依頼することもできます。

 

荷造りできるものは早めに荷造りする

引越し直前はとにかくバタバタとしがちです。

 

それを少しでも軽減するために、荷造りはできるところからどんどんと済ませてしまいましょう。

 

食器・シーズン外の衣類・家電品など、すぐに使うことのないものは多いはずですよね。

 

 

引越し前日にすること

 

ご近所や管理人へのあいさつ

お世話になったご挨拶、引越し作業でお騒がせする旨などを伝えておきましょう。

 

最終的な荷造り

庭、ベランダなどに置いてあるものは見逃してしまいがちなのでもう一度確認するようにするといいですね。

 

それから頭上を見上げてみてください・・・照明器具を外し忘れてはいませんか?

 

 

引越し当日にすること

 

引越作業員さんとの打ち合わせ

荷物を運ぶ上でお願いしたいこと、注意して欲しいことはしっかりと伝えておきましょう。

 

転居先でのご近所へのあいさつ

引越し作業前ならば、お騒がせする旨をお詫びしておきましょう。

 

 

まとめ

 

以上のように引越し当日から逆算してやるべきことを把握しておくだけでも、準備で慌てずに済むはずです。

 

生活拠点が変わることはいろいろな面で大変でしょうけれどこのページが新生活を気持ちよく迎えるための引越準備の参考になればと思います。

 

 

安い引越し業者が見つかる!

引越し業者の一括見積り

 

 

転入届・転出届の手続き方法 トップページ