国民健康保険の住所変更

国民健康保険の住所変更

 

 

会社等の健康保険組合に加入していない場合には
国民健康保険に加入していることと思います。

 

引越しをしたときには国民健康保険の住所変更手続きが必要です。

 

国保加入対象者(※)は、引越した日から14日以内に届出する必要があります。

 

新住所で病院にかかるときに変更が済んでいないと
面倒になりかねません
から、早めの手続きをおすすめします。

 

市町村外への引越しの場合、転出手続きをすることで
旧住所での資格は自動的に喪失することになります。

 

新住所の役場窓口で転入手続きする際に
住民票と同時に住所変更するようにしましょう。

 

窓口に出向くときには以下のものを持参するようにしてください。

 

・転出証明書
・身分証明書(本人確認書類
・預金通帳(保険料を振替にする場合)
・口座届出印

 

同じ市町村内の引越の場合には、
単なる住所変更のみの手続きとなります。

 

その際には保険証・印鑑を窓口に持参して
手続きしてください。

 

※国保加入対象者とは
下記に当たらない全ての人が加入対象となります。

  1. 勤め先の健康保険に加入している人、その扶養家族
  2. 国民健康保険組合に加入している人、その扶養家族
  3. 生活保護受給者

 

こちらも確認!
国民年金の引越し時の変更手続き

 

 

安い引越し業者が見つかる!

引越し業者の一括見積り

 

 

転入届・転出届の手続き方法 トップページ